FC2ブログ

    光と闇と




       僕は いつも光と闇の相克の中を生きてきたし これからもそのように

       生きていくんだろうな 人間である僕がたとえ一瞬だけ 至高の真理

       を感じたとしても その一瞬は瞬く間に過ぎてゆく 僕は常に光と闇

       の相克の中を生きてゆくように運命づけられている 光だけの僕はあ

       りえないし 闇だけの僕もあり得ない 或る瞬間には 天使のように

       苦悩する人間に対する優しい気持ちが心を占める でも違う瞬間には

       人々や世界の苦悩に全く無関心な自分がいる 世界と自分との絆をズ

       タズタに切り刻んでしまう この情動が何処から来ているものなのか

       当の僕にも分らない 恐らく長い魂の遍歴の中でそのように絶望した

       時代があったんだろう 思い出せないしその記憶を思い出したら心が

       壊れてしまうに違いない ただ 精神科医である僕が患者さんを多く

       抱えている僕が 正直とはいえこの様なニヒリズムの自分の気持ちを

       赤裸々に書いてもいいのだろうか?いつもそこで迷う でもそこを意

       識する限り 本心を掛けない 表面の明るい自分の面しかこのブログ

       に表せないことになる 正直にいってブログが気分転換の一つになっ

       ている面もあるので きれいな自分だけをこのブログに書き現わして

       いくのは何となく自分の気持ちに誠実でない気がする 勿論気持ちが

       落ちて闇の中 絶望の中をさまよっている患者さんに 人間の闇につ

       いて敢えて書くことは本当はしてはいけないことなのかも知れない

       でも精神科医である前に 僕はひとりの人間だし 同じように苦し

       み悩みつつ人生を生きている存在・・そこをどのように調整すればい

       いのかな 真実を求めつつも揺れて苦悩する一人の精神科医としてそ

       のままの姿で立っていればいいのかなあ よく分からない 求道者で

       ある自分と 人生に悩み苦しむ途上の未熟な人間 その間で常に揺れ

       動きながら 限られた人生を生きている 今日も一人ひとりの人生と

       の出会いが始まる

       

       
    スポンサーサイト



    プロフィール
    福岡市中央区天神 心療内科 精神科
    心のクリニック新しい風
    http://atarashiikaze.com

    精神科医ギル

    Author:精神科医ギル
    こんにちわ 私は 一人の精神科医です 同時に一人の患者です
    心に浮かぶままに ブログを書いていきます よろしくお願いします

    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード